関節痛

関節.jpeg関節痛は、関節にある受容器(神経)が過敏になって炎症を起こし、痛みを起こしている状態です

 

このままほおっておくと関節の変性を早めます

 

ここで覚えていてほしいのは、変性があるから痛みが出るのではなく、神経のバランスが崩れているから痛みがでて、変性が進むということです。変性・変形は結果であって原因ではありません


変形があっても、神経のバランスを整えれば症状は改善していきます。これ以上、悪化させないように早めの受診をおススメします。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティックでは神経のバランスを整え、筋肉が関節をうまく支えられるようにすることで症状の改善をはかります。


当院の提供するアクティベータメソッドの研究では、ネズミにおける神経の炎症に対してアクティベータメソッドの調整が炎症の軽減に効果があるという結果が出ています。

▲このページのトップに戻る