テクニック以前の基礎を高める!

スクリーンショット 2016-01-10 17.08.40.pngあなたは、日々のセッションで手応えを感じていますか?


テクニックは知っているし、結果は出ているけど、なんで良くなっているのか分からない??



まだ、不足があるから、あのテクニックを覚えたいなぁ?でも、きりがないなぁ。なんて思っていませんか?



テクニックをいくら覚えても、検査・見立てがしっかりしていなければ、施術をした結果も、ふわっとした曖昧なものになります。



感覚を磨く、身体のこと(形と動き:構造と機能)をきちんと知る
そんな、基礎力をあげる勉強会をしたいと思います。



基礎力があれば、テクニックはなんでもよくなっていきます。なんなら検査がそのまま=施術になります。



感じる・把握する能力を高めていきませんか? 

開催内容

月1回、合計6回のコース。
1回3時間 費用 各回7000円 

6回分先払いで、40000円


平日 昼・夜、
土日 昼・夜


で日程をすりあわせていきます。可能な曜日・時間帯を教えてください。


最低開催人数3人(最大6人)


※お2人参加(各回9000円、一括先払い50000円)

 マンツーマン(各回15000円、一括先払い80000円)


※当オフィスで行なう場合、6人までの少人数で行います。

  場所を提供して頂ければ出張も致します。移動費・宿泊費は実費頂きます。 

 

カリキュラム(予定)

スクリーンショット 2016-01-10 17.10.56.png

基本は局所解剖と、動き(バイオメカニクス:可動域・筋機能検査、整形外科的検査、神経学検査)、全体との関わりです。




1.感覚:(触圧覚、視覚を中心に。温度覚、嗅覚、聴覚)、感じなければ何も分からない。触り方の練習。各組織の感触を確かめる(皮膚・筋膜・筋肉・靭帯・関節包・骨・血管・神経・脈・内臓・結合組織)。



2.呼吸、関連組織

 例(肋骨、肋椎関節、胸肋関節、横隔膜、胸椎、強制呼吸時の筋肉と関連関節、呼吸時のバイオメカニクス、自律神経(交感神経節)との関連、腹腔への影響、結合組織:縦隔心膜食道舌、鼻腔篩骨蝶形骨後頭骨硬膜頭蓋骨脊柱仙骨・尾骨)



3.骨盤帯・脊柱



4.下肢帯



5.上肢帯



6.頭頸部 

講師プロフィール

講師プロフィール


杉本康紀(すぎもとやすのり)1978年鳥取生まれ

 

大学はスポーツ科学バイオメカニクス専攻、中高保健体育教員免許取得


元 テニスのインストラクター(過去の戦績、北信越大学テニスダブルスベスト4)


国内の全日制スクールで4年間4500時間履修(解剖生理学約1000時間、病理鑑別診断学約1000時間、ロサンゼルスのカイロプラクティック大学での人体解剖実習5日間30時間含む)


【世界一受けたい授業】出演の木寺英史 先生に師事、常歩の指導許可を頂いています。


梅田にて開業中(2011年9月18日より営業開始)

▲このページのトップに戻る