やりたいことができなかった… 【大阪整体フォーリーフカイロプラクティック】

大学テニス.JPG私は1992年から中学時代ソフトテニスを、高校・大学とテニスを続けてきて、卒業後はテニスインストラクターになりました。

 

約10年、本当にテニスが好きで打ち込んでいましたが、その半分以上を腰痛・膝痛と戦っていました。

 

同じ練習をしているのになぜ自分だけ痛みが出るのだろう?


筋肉が足りないからだ!フォームが悪いからだ!体がかたいからだ!テニスをやめなければ治らない!いろいろ言われて、いろいろ試すけどもやっぱり良くならない…

 

1999年、20歳の時、「関節ヒダが厚くなっているからだ、手術しよう!」といわれ、両膝を手術しました。痛みはおさまりませんでした…

 

それでも、テニスに関わりたいという思いから、2002年テニスインストラクターになりましたが、半年であっというまに膝・腰を悪化させて、コートには立てなくなりました。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

▲このページのトップに戻る