SCIT(潜在意識イメージトレーニング)療法の機序

まず、あなたの困っている問題を具体的に指定します。たとえば体を動かしてもらって痛みや動きにくさを再現してもらいます。感情に関しては、問題となっている事柄をイメージしてもらって体が緊張するかどうかを検査します。

 

ここで、その問題を私が聞く・検査することで記憶の共有をします。

潜在意識の中には集合意識という人類共通の部分があり、私があなたの問題を理解できるということは共通の集合意識があるということです。

 

次に、私の方でその記憶のクリーニングをします。記憶が無害化されれば問題は解決しています。

私の方で集合意識の、あなたの問題に原因している部分をクリーニングすれば、それがあなたの集合意識に伝わり(共鳴)して、あなたの問題も解決されるという仕組みです。

 

※私の方だけではクリーニングしきれない場合は、あなたにも同じ作業を一緒にしてもらいます。

 

解決方法はひとつではなく、無限に近くなります。簡単な問題(痛みなど)なら解決方法はその症状がなくなることですが、他にはその問題が気にならなくなる、よりよい解決方法が出てくるなどといった解決に至る場合もあります。いづれにしても「最短で最善(誰も傷つかない)の解決方法に至ります


※背を高くしたい。絶対疲れない体にしたい。など現実的に不可能な欲望等はまず解決されません。潜在意識・自然の法則というものは私たちの思い通りになるようなものではありません。それよりも今まで私たちの生命活動を維持してくれている潜在意識に感謝してそれにお任せすることが解決の一番の近道です。

▲このページのトップに戻る