最愛のパートナーと上手くやっていくコツ

この記事は、読み進めながら、ワークをしていきます。順番に読んで、書いてある通りに実践してみてください。そうすると、あなたの中から【最愛のパートナーと上手くやっていくコツ】が出てきます。

ゆっくりスクロールして読み進めながら、やってくださいという所は、止まって実践してください。

 

 

 

 

 

☆あなたにとって、一番大事で生まれてからずっと一緒にいて、死ぬまで一緒にいるパートナーを想像してみて下さい。

 

 

そして、そのパートナーはあなたと同じ人間で、その人の今までの人生があり、あなたと同じように幸せをのぞんでいる存在です。

 

3人家族.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像できましたか?

では、次に

 

 

 

 

 

 

☆そのパートナーが

 

 

「いままで、あなたの言う事に素直に従ってきたけど、

 あなたは私のことを全然理解しようとしてくれない。

 私のことなんておかまい無しで勝手にしている。

 あなたのわがままにつき合うのには、もう疲れた。

 私の言っていることを全然聞いてくれなくて悲しい

 このままでは私はダメになってしまう。ついていけない。」

 

と言っています。

 

 

 

どう、思いますか?

筆記用具があるなら、紙に書いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、最後に

☆パートナーという言葉を【からだ】に

悲しいを、痛いとか動かしにくいとかあなたがもつ症状(あればですが)に

置き換えてみてください。

 

 

 

 

どう感じましたか?

これも、紙に書き出してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなまで、いいません。

大事なパートナーの訴えを煙たがって、カウンセラーや心療内科に外注していませんか?

 

 

 

どちらがわるいとか、そう言う問題ではありません。

コミュニケーションがとれていない。

そう思います。

大事だと思うなら、相手の事を知ろうとしてください。

大事に扱ってください。

それは、甘やかすのとは違います。

大事なパートナーと向き合わず誤摩化しながら生きていく事に、何の意味があるでしょうか?

 

 

 

 

もう一度言いますが、パートナーはあなたと同じ、幸せになりたいと思っている存在です。

あなたのお守りをするベビーシッターや言いなりになる奴隷ではありません。

 

 

 

 

 

大事にしたいけど、どうすれば良いか分からない。

そんな方は、通訳します。お二人一緒に来てください。

お二人が仲良くなってより幸せな関係を築けたら、私も嬉しいです。

 

 

他の記事はこちら 

▲このページのトップに戻る