知っていますか?靴より裸足のほうが身体に負担が少ないことを

知っていますか?
裸足で歩いたり走ったりしたほうが、靴を履いて生活するより

身体への負担が少ないどころか、健康によくパフォーマンスもあがるということを!

裸足と靴の衝撃クラフ.jpg

吉野剛さんの裸足ランニングより転載

 

画像は着地時の床へかかる力のグラフです。

上がシューズを履いたもので、下が裸足(フォアフット着地)。

 

裸足のほうが「ガツン」した着地時の衝撃が少ないことが分かります。

 


裸足やマンサンダルなんかで走って「痛くないの?

とよく聞かれますが、大丈夫です。

骨や関節にかかるストレスは

地面の硬さだけではなく、筋肉の緊張度も関係してきます。

ランナーがよく起こすシンスプリントも大半がこれです。


無駄な筋肉の緊張があると痛いんですね。

これは実は裸足になることで効率的に

痛くならないような動きにならざるを得なくなります。

 

 

ララムリ ワラーチ.jpg

『走る民』ララムリ(タラウマラ族)の履く

廃タイヤを再利用した履物「ワラーチ」


ボーントゥラン「走るために生まれた」という本があります。

 

そこで紹介されたメキシコの山岳地帯の先住民族「タラウマラ族」

彼ら・彼女らはララムリ(走る民)と呼ばれ

ワラーチを履いて、フルマラソンやウルトラマラソン(100キロ以上の距離)で

シューズを履いたマラソンランナーよりも大会で上位を独占したそうです。

 

タラウマラ族のお祭りでは、木で作ったボールを蹴りながら

1昼夜(200300キロ:彼らいわく山1つ2つ)走るレースをするそうです。

 

ボーントゥランでは

「ヒトは他のどの動物より汗腺が多く、汗をかくことのできる動物」といっています。

 

そして大昔、狩猟道具を開発する前、

「動物を走って追いかけて、獲物が疲れて動けなくなったところを捕まえていた」

と言っています。

 

その頃は、当然裸足でした。

 

どうして、そんなことができたのでしょうか?

そして今、なぜそれが「無茶だ」「ありえない」と思うのでしょうか?

▲このページのトップに戻る