足を大事にするアスリートたち(クリスティアーノ・ロナウド、室伏広治、桐生祥秀)

室伏 桐生2.png

室伏 桐生1.png

2017年9月9日日本人初で100メートル9.98秒を出した桐生祥秀さん。

記録を出す前から室伏広治さんに師事してトレーニングする中に

足の柔軟性を高めるメニューがあったそうです。

 

理想の着地ができないときでも、足の柔軟性があることで

効率的に地面に力を伝えることができるのだそうです。

参照動画

 

ロナウトファイフフィンカース.png

クリスティアーノ・ロナウドのロッカールームに

ビブラム・ファイブフィンガーズという裸足系のシューズがあり

裸足感覚を大事にしているのでは?という意見もあります。

元記事はこちら

▲このページのトップに戻る