妊娠中・産後の腰痛

妊婦.jpeg妊娠中はリラキシンというホルモンの働きにより、産道を広げるためにじん帯がやわらかくなって、関節が不安定になります

 

またお腹が大きくなるため、腰のカーブが変化します。反りがきつくなります

 

そのため反りがきつくなりすぎて腰が痛くなる方がいます。もともと反りが少なく腰痛のある人は症状が軽くなる場合もあります。産後一か月ほどで、ホルモンバランスは普段の状態に戻りますが、その時に骨盤やその他の関節の状態が悪いまま固まってしまうと、腰痛などがそのまま続いてしまいます。


また育児で赤ちゃんをだっこしたりしますので、背中・腰への負担はかなり大きくなります。

 

神経のバランスを整えて、筋肉がちゃんと働くようにしておくと、骨盤や関節はしっかり動いて安定します。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティックでは、妊婦さんでも安心して受けられるアクティベータメソッドを用いて神経のバランスを整えていきます。妊婦さん専用のうつぶせになれるクッションを用意しています。


▲このページのトップに戻る