自律神経とは?

自律神経とは、生命維持に必要な体の機能を無意識でコントロールしている神経です。

具体的な臓器でいうと、

 

自律N.JPG心臓・血管等の循環器系

肺・気管支等の呼吸器系

胃腸・肝臓などの消化器系

腎臓・膀胱などの泌尿器系

子宮・精巣等の生殖器系

各臓器の調節や、睡眠・食事・成長など様々な働きを調節する内分泌系

があります。


背骨の各部位から、全身の臓器に自律神経がつながっています。

 

コントロールする器官はたくさん有りますが、自律神経自体の調節方法はシンプルです。

交感神経と副交感神経のバランスで成り立っています。

 

簡単にいうと、

交感神経は行動するための神経で、エネルギーの消費を多くします。

副交感神経は休むための神経で、エネルギーの消費を少なくします。

 

交感神経:副交感神経=4:6のバランスが理想だといわれます。

 

自律神経失調症って?

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義されている。ただし、この病気は日本では広く認知されているもののDSM(精神障害の診断と統計の手引き:アメリカ精神医学会)では定義されていない。

 

この病気は昭和36年ごろに東邦大学の阿部達夫が定義したものであるが、現在も医学界では独立した病気として認めていない医師も多い。疾患名ではなく「神経症やうつ病に付随する各種症状を総称したもの」というのが一般的な国際的理解である。

 

この病気は実際にはうつ病やパニック障害、過敏性腸症候群や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多く、原疾患が特定できない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもある。また、癌などであっても似たような症状が表れることがある。

 

また、原疾患を特定できない内科医が不定愁訴などの患者に対し納得させる目的でつける、と言う否定的な見解もあり、内科で自律神経失調症と診断された場合は心療内科・精神科などでカウンセリング・投薬治療を受けることを勧められている。

 

以上 ウィキペディアより抜粋

 

要約すると、病気ではないけど症状がある自律神経系の不調だということです。


要するに病院では診てくれないものだといえます。

自律神経系の調節

上にあげた自律神経、この神経のバランスの崩れを調節していきます。

SA108024.jpg

背骨から全身に神経がでていますが、運動神経(筋肉を動かす)・感覚神経(情報を受け取る)・自律神経は同じ所を通って出てきます。

 

左の図は背骨を輪切りにして上から見たものです。

真ん中のピンクの脊髄から二本の神経が出ています

上(おなか側)は運動神経、下(せなか側)は感覚神経です。

二本があわさった先から、背骨の横にひょろっと伸びているものが自律神経です。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティックでは、体の各レベルの背骨を検査して、神経的にバランスの崩れている所を見つけて、バランスを整えます。そうすることで、脳からの指令がうまく伝わり筋肉・感覚・内臓などが元気に働きだします。

 

病気を治すのではなく、あくまで体の持っている本来の働きを取り戻していくことで、症状のない体になっていきます。


 

症状を追いかけるのではなく、体全体の健康を増進させるような施術を行います。

それでも、症状が気になるという方はこちらをご覧下さい。

 

 

自律神経失調症には心理社会的なストレスが関係しています。 大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

イライラ脳からニコニコ脳.gif

自律神経失調症には心理社会的なストレスが関係しています。 

 

ストレスを感じると交感神経が興奮して「逃げるか戦う」準備をします。

 

慢性的にストレスを感じ続けると、疲弊します。

 

交感神経は働かなくなり、副交感神経が優位になりすぎて、元気が出なくなります。


まずは、脳神経に適切な量の刺激をいれて、脳がただしく機能するように施術をしてきます。


ストレス反応については、条件反射といって特定の刺激(ヒト・コト・コト・感情など)に対するアレルギー反応をクリアにする施術も必要であれば行なっていきます。


心技体.jpeg

の上で、栄養や呼吸・姿勢・身体の使い方といった、生活習慣を少しずつ指導していきます。

 

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

自律神経失調と言われた方も、元気を取り戻しておられます   大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

クライアントさん写真並へ?.jpg

 

当院には、自律神経失調症といわれて

 

パニック障害、心身症、PTSD、対人不安、過敏性大腸症候群、逆流性食道炎、慢性疲労、副腎疲労症候群、起立性機能障害の方もこられています。

 

中には半年以上、時間のかかるかたもおられますが、あきらめず焦らず地道に取り組まれる方は、例外無く改善しておられます。

 

最初の1歩目が一番大変ですし、最初はなかなか長期的な視点を持つことなど難しいかも知れません。

ですが、治したい!そういうお気持ちが持てるなら、それが一番の希望です。ぜひご相談ください。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

▲このページのトップに戻る