内力と外力

内力と外力の違いを実感するテストを紹介します。

 

今、自分のたっている所から1メートル前に線があるとします。そこに1歩で線の向こうに着地しようとしたら、どのようにしますか?

 

内力.jpgひとつはジャンプする方法です。筋肉をつかって、一旦沈み込んでから飛び上がって、線を飛び越える方法です。黄色が重心の移動です。

 

 

 

 

 

 

外力.jpgもうひとつは倒れ込む方法です。立った状態から前に倒れ込み、足を前にだして、着地します。重心は下がっていきます。これ以上倒れたら危ない!という所で自然に足が出ます。

 

 

 

 

両方やってみてください。どちらが楽でしたか?

どちらが内力・どちらが外力を利用しているかはやってみた方はすぐに分かると思います。

 

動くためには筋力が必要だということが普通に考えられますが、「力を抜くことで動きが生まれる」ということがある、ということを腑におとして欲しいと思います。

外力を利用してい移動するには?

力を抜くことで、動きが生まれるということは分かったと思います。しかし、スポーツの場面で倒れ込むまで待っていたら間に合わない!という声が聞こえて来そうですね。その通りです。素早く動くためには倒れ込むだけでは間に合いません。ですが実際の動作を作っていく前に、まずはこの感覚を体で覚えることが大切です。

 

もうひとつ重要な感覚を体感してもらいます。

 

まず、前に倒れるにはどうすればいいでしょうか?改めて考えるとよくわからなくなって来ますね?ここを体感覚まで落とし込んでいきます。

 

前に倒れるには支点(足の接地面)より重心を前に移動させることが必要です。そのためにはどうすればよいでしょうか??

 

つま先を蹴る.jpgここで実験です。普通に直立した状態で、足首をのばして下さい(足関節の底屈)。ここで気をつけて欲しいのは、絶対に上半身を前に倒さないこと!結構無意識に体を前に移動させる人がいます。誰かに、おでこの前に指をおいてもらい指に触らないようにするとよいでしょう。

 

足首をのばすと、体はどちらにいきましたか?

 

そうです、後ろですね。普通にまっすぐ立った状態で、足首をのばす(つま先で地面を蹴る)と体は後ろに行くのです。前に進むためにはつま先で蹴るという動作はブレーキになります。

 

 

踵を踏む.jpg逆に、直立した状態でつま先をあげてみて下さい(足関節背屈)。ここでも重心を後ろに移動させないように頭や背中や骨盤の後ろに指を置いてもらい、後ろに触らないようにするとよいかもしれません。

 

つま先を浮かせると、体はどうなりますか?前に倒れませんでしたか?

 

立っているときは、ヒラメ筋というふくらはぎの奥の筋肉が働いていることで、姿勢を保持しています。そのブレーキを外してあげると、前に進み始めます。

左右の移動

前後の移動の基本は理解できましたでしょうか?重心を前に持っていくためには、足首を曲げる(背屈)、後ろに持っていくためには足首をのばす(底屈)ことが必要です。

別の言い方をすると、前に行くためには踵側に支点を移動する。後ろに行くためにはつま先に支点を移動することが必要です。

 

 

 

左右への移動.jpgでは左右の移動で考えるとどうでしょうか?

楽に左に行くためにはどうすればよいでしょうか?

両足でたっている状態なら簡単ですね?左足をあげればよいのです!これで、右足に支点が移り、重心は支点より左にありますので、左に移動が始まります。

 

 

アウトエッジ感覚.jpgでは、右足一本で考えるとどうでしょうか?細かい上半身の動きはぬきにして、右足のどこに体重をかければよいでしょうか?前後の話を当てはめると分かりますね?右足の外側に支点を移動すればよいのです!これを「アウトエッジ感覚」といいます。

 

足だけの感覚ですが、「蹴る」のではなく、「支点」として考えるという感覚が大切です。

合理的な体の使い方についてはこちら

▲このページのトップに戻る