ストレスケアコース(キネシオロジー) 50分10000円 大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

基本のアクティベータメソッド、全身の循環をよくするポクポクマッサージ(トークセン)に加えて、

 

心のクセをに気付いて、よりよい方向に切り替え、ストレスと仲良く共存できるような心身にもどしていくコースを設けています。

 

腰痛に認知行動療法が有効なのは日本腰痛学会・日本整形外科学会でも認められていることですが、慢性症状には心のクセが関係していることが多いです。

 

キネシオロギーといって、色々なことを思い浮かべてもらったり、いろいろな刺激をいれて、その時の体(筋肉)の緊張の変化を読み取り、何に対してストレスを感じているのか?そこにはどういった思い込みがあるのかを探っていきます。

 

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック代表 杉本康紀は、アプライド・キネシオロジーといって治療家むけの専門的なキネシオロジーを履修しています。(栗原修D.C. アメリカのドクター・オブ・カイロプラクティックより習いました。)

 

必要がありそうだと判断したらSCIT(潜在意識イメージセラピー)式ヒーリング(意識の変換)を併用します。

 

 

料金 10,000円 (50分):アクティベータ・メソッドが含まれます。※時間が読めない場合もあり、多少時間は増減します。

 

※初診料20分カウンセリング・整形外科的検査・お体の状態・検査結果の説明などで余分にお時間を頂きます。

 

 

※一回で、終わるのではなく、月1回くらいの定期的なセッションをおススメしています。


適切頻度・回数も、体に聴いてお伝えします。心理的な問題は時間をゆっくり取った方が安全です。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

脳は身体を守ろうとしています  大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

ヒトは快を求めて、不快を避けます。


命の危険から身を守ろうとします。

 

過去の体験(刺激)と感情、評価が結びついて、同じことが起こった時に、素早く備えるため、警報が作られます(条件反射)


これが働きすぎると、アレルギーのような状態になります。マッチの火で警報がなってしまうようなものです。

 

 

いらなくなった警報をストップ(無意識の条件反射のリセット、感情の解放、リフレーミング)して、脳を安心させてあげることが大切です。

 

 

以下に 症例報告をのせています。この方はカラダも同時に施術していますが、参考にしてみてください。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

症例報告 自律神経失調症(夕方になると胃腸が痛い)  大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

仕事中、夕方頃になると胃腸が痛くなってくる。

お昼ご飯前や、朝起きた空腹時は大丈夫。

さて、なにが原因なんでしょうか?

 

 

 

まずはアクティベータメソッドで筋肉・関節・神経系の調整

肩こり・頭痛・めまい、あと左肩の結帯動作に制限のある方です。

下腹部をおすと、しくっとした痛み。

まずはアクティベータメソッドで全身の神経のトーンを正常に戻していきました。

 

調整箇所は、

  • 左の骨盤(丸まる方向に動かされるのを嫌がっていました。)
  • 胸椎8番(右に回転するのを嫌がっていました。)
  • 左小円筋(筋肉の長さ・テンションを感知するセンサーの目盛りが狂っていました。)

 

この時点で、肩こりは少し楽に。

 

 

キネシオロジーで経絡・エネルギー・条件反射・脳をチェック

想像しただけで緊張する

アクティベータメソッドとおなじように、

 

  • お腹の痛み
  • 仕事場
  • お家

をイメージしてもらって、足の長さ(筋肉の緊張度)の変化をチェックしました。すると、お家を思い浮かべてもらうと、足の長さが変わってしまいました。

 

そして、その反応が、脳のどんな条件反射(記憶からのプログラム)からきているかを調べていきました。

 

すると、【17年前】の【友達関係】という言葉をかけると足の長さが変わりました。

ご本人には、具体的なエピソードは思い浮かばなかったようですが、体は覚えていたようです。

 

そして、いらない条件反射のリセットですが、

  • 経絡
  • チャクラ
  • 脳地図

を調べると、タッピングでよくつかうアゴの経絡のポイント(ツボ・経穴)で反応がありました。

 

クライアントさんにアゴを触ってもらって、【お家】のことをイメージしてもらっても、足の長さは変わりません。ビンゴです。

 

リセットは、【お家】をイメージしながら、アゴを触ってもらい、深呼吸をしてもらいます。そして私は補助で、振動を加えます。

 

調整後、【お家】をイメージしても、足の長さは変わらなく(緊張しなく)なりました。

 

 

 

体を守るための条件反射

脳内に作られた固有のプログラム

この様な、

  • 過去の記憶(17年前の友達とのエピソード)から出来た条件反射が
  • 現在の刺激【お家に帰る】でスイッチが入ってしまう
ということがおきます。

 

体はストレスを感じると、交感神経のスイッチがはいります。

 

筋肉の緊張度が増し、心拍数は増え血流が増加します。これは問題にそなえるため、活動する為に必要な反応です。

 

ですが、これが行き過ぎると、疲れます。

 

このような条件反射(アレルギー)が増えると自律神経失調症とよばれる状態になるのかもしれません。

いらなくなった条件反射は、その鎖を切る必要が在ります。

 

あとで、お話をきくと、【引っ越したばかりで環境が変わって、片付けなどで大変だった】とのこと。

 

施術後、新しいパターンを脳に定着させるために、セルフのタッピングをお伝えしました。

 

これで、夕方限定のお腹の痛みも良くなるといいですね!経過を追っていきます。

追記:次回チェックしたら、条件反射はなくなり、お腹の調子も気にならなくなりました。セルフケアはもう必要なくなりました。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

 

▲このページのトップに戻る