3,すべり症だから腰が痛い?

 

脊椎の異常.png

 

(Bigos SJ.et al:Clin Orthop.1992)

1992年、アメリカのBigosらの研究によれば、雇用前に健康診断を受けた労働希望者203名、急性腰痛を発症した労働者207名、6か月以上の慢性腰痛患者200名を対象に2名の医師によって、レントゲンの画像診断をしてもらい、骨の異常検出率を比較しました。

その結果、3群の異常検出率には差がありませんでした。

骨が変形していても、大丈夫です。

  目次へ

▲このページのトップに戻る