股関節の外旋

骨盤の前傾が姿勢・動作に大切であるということを説明してきました。ここでは更に進んで、股関節の外旋について説明したいと思います。

 

この股関節の外旋は常歩の中核をなす概念です。

 

股関節内外旋.jpg

まず股関節の外旋とはどういう動作をいうのか?


図のように、股関節と膝の位置は変わらずに、大腿骨(太ももの骨)がくるんと回転するような動きを指します。

例えば、あぐらをかいている時は股関節外旋で、いわゆる女の子座りをしている時は股関節内旋になっています。





深層外旋六筋.jpg

股関節外旋に働く筋肉は、深層外旋六筋があります。また大腰筋も股関節の外旋作用があります。


一方、股関節内旋に主に働く筋肉は小殿筋のみです。






hip joint1.jpg立って、片足の股関節(図の黒)を外旋してみて下さい。つま先(図の)を外に向けるような動きです。




hip joint2.jpg

大転子(太ももの付け根の出っ張り)を触って、股関節がちゃんと動いているのを確認して下さい。




hip joint3.jpg

次に、片足で立って、立っている方の足で同じように股関節を外旋してみて下さい。できましたか?同じ動作をした時に、体はどう動きましたか?立っている側の骨盤(図の)が前に回転していきませんでしたか?この、骨盤の前への動きが大事なのです。支持脚(立っている足)を軸にして骨盤(重心)を前方に送り出すには股関節の外旋が重要になります。


骨盤の前傾・股関節の外旋で重心を前におくりだすことで、体重のスムーズな移動ができるようになります。


エラシコ.jpg

重心が支持脚の前方へ移動すれば、体は前に倒れていきます。


そして反対の足に体重が移動していきます。


その繰り返しが歩行・走行になっていきます。




常歩(なみあし):合理的な体の使い方についてはこちら

▲このページのトップに戻る