脊柱管狭窄症とは? 大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

椎間板ヘルニア、黄色靭帯の肥厚、すべり症などで、脊髄を包む脊柱管が狭くなり、下半身に痺れや麻痺、膀胱傷害などの神経症状を呈するもの。


間欠性跛行といって、数分10数分あるくと、下肢がしびれて歩けなくなり、すこししゃがんで休むとまた歩けるようになる症状が特徴的です。


除圧術や脊椎固定術などの手術がありますが、手術後の予後がよくなく、手術直後はよくても症状が再発することがあります。

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

本当に脊柱管が狭い(脊柱管狭窄症)から症状が出るのか?  大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

ヘルニアや、すべり症があっても、神経症状がでないことがたくさんあります。


麻痺や感覚の消失、膀胱傷害を呈するものは全体の15%という統計があります。



生理学上、痺れや痛みは、麻痺や感覚消失とは真逆の反応です。圧迫されると痛みが出る。


この理論は欧米では非常識・時代遅れの理論となっていますが、日本ではいまだにまかり通っています。



足底の神経.png神経の圧迫が原因なら、足の裏はなぜ痛みや痺れを起こさないのか?足の裏にも神経は通っています。立っていると体重は足の裏にかかり、神経に全体重がかかります。


なぜ?足の裏は痺れたり痛みを出したりしないでしょうか?神経の圧迫=痛み・痺れ には明らかな矛盾があります。


脊柱管狭窄症と診断されたとしても、それが痺れや痛みの原因だとはいえません。

 

 

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

脊柱管狭窄症の本当の原因 大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

小臀筋のトリガーポイント.png

脊柱管狭窄症本当の原因とは?


筋肉の緊張です。

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?


トリガーポイントというしこりができると、それに対応した範囲に痛みや痺れを感じます。


お尻や腿裏の痛みや痺れは、お尻や腿裏の筋肉のトリガーポイントに由来することが多いです。



正座しひ?れ.pngまた正座をしたときに痺れるように、血流不足による、酸素不足が痛みや痺れを引き起こします。これも筋肉の持続的な緊張により引き起こされます。




痺れや痛みが軽い時とひどい時がありませんか?痛みが軽い時は脊柱管が広がっているのでしょうか?ここでも、構造的な問題での神経圧迫が原因だとする理論は矛盾があります。


筋肉や血流の悪さはレントゲンやMRI、CTでは映りません。ですから病院では、治療のしようがないのです。


筋肉の無駄な緊張が起こらないような、身体の状態に戻すことが肝心です。


大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

脊柱管狭窄症の治療 大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

脊柱管狭窄症と診断されたり、下肢に痛みや痺れ、感覚異常がある場合、まず、重大な神経症状が無いかどうかを鑑別します。

 

尿がでない、あるいはしびれなどの感覚異常に伴ってつま先立ちができない、つま先を浮かせる事ができない(かかとだけで立つ)ような方は、病院に行く必要があります。とくに膀胱傷害は一刻を争います。

 

当院での脊柱管狭窄症への施術は?


イライラ脳からニコニコ脳.gif

筋肉を動かしているのは脳・神経です。脳神経系が興奮しすぎていると筋肉は禍緊張して血流を阻害します。


その結果、酸素不足になり痛み・痺れを引き起こします。



アクティベータメソッドという神経系を活性化する施術で、興奮した神経を落ち着かせ、筋肉が正しく働くように調整をしていきます。

慢性痛に関しては、脳の痛みを抑える機能が低下している場合があります。その場合はストレスケアや運動、マインドフルネス瞑想を用いて、脳機能を回復させていきます。

そして、お尻やもも裏の筋肉が正しく働けるような呼吸・姿勢や運動指導を行なっていきます。


7ー8割の方が、2ヶ月に5ー6回の施術で改善を感じていらっしゃいます。


大阪整体フォーリーフカイロプラクティックでは変性した組織に直接アプローチはしませんが、その場所に神経の機能異常があるかを検査し調整していきます。

脊柱管狭窄症のかた 諦めるのは早いです 大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

クライアントさん写真並へ?.jpg

 

脊柱管狭窄症と言われて、「手術しか無い」「年だからしょうがない」などと、いわれて困り果てていらっしゃる方がたくさんおられます。

 

日本の医学は、欧米にくらべると10年いや20年遅れているといわざるを得ません。

 

どの医師に当たるかでも随分な違いがあります。

 

どうか、医師の言葉を鵜呑みにしないで、正しい知識を持って、回復へ向かっていきましょう。

 

当院には、手術しか無いと言われた方でも、良くなった方が多数おられます。

 

ですが、良くなる方は上記に述べたことを納得された方だけです。

 

脊柱管の狭窄を治そうと望まれる方は治らないということです。

 

脊柱管の狭窄があっても痛くなくなる。それが世界のスタンダードです。

 

どうぞ、1度ご相談ください。

 

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

▲このページのトップに戻る