外反拇趾治療特設ページ

外反拇趾とは?

外反拇趾.jpeg外反拇趾とは、足の親指が外に折れ曲がっているものを指します。折れ曲がった部分が靴にあたって痛みを出したりします。


 

 

 

  • 単純に関節が曲がっている場合
  • 仮骨といって骨が変形して盛り上がってしまっている場合
  • その混合型があります。
  • ヘバーデン結節やリウマチなど病気により親指以外も変形している場合もあります。


一般的に男性より女性に多い傾向にあります。
酷くなると外科手術をする場合もあります。

一般的には、靴にあたるところにパッドを当てたり、土踏まずを持ち上げるインソールを入れたりすることで症状の軽減を目指すことが多いようです。

外反拇趾の影響

靴に当たって痛い。外反拇趾の怖さはそれだけではありません。左右姿勢ハ?ランス.png

など、人によりますが 全身に影響を及ぼす可能性があります。

外反拇趾の原因

内股の影響 (1).jpeg

外反拇趾の原因には様々な原因が考えられます。

 

大半は

  • 前重心
  • 内股です。

 

 


内股になると、重心が内に流れ親指に捻れのストレスがかかり、支えきれなくなります。




 

ヒールて?の姿勢変化 (1).png

前重心も足指や土踏まずに余計な負担が集中して、足の崩れを招きます。


ですので、外反拇趾の方は、治るまでヒールなど踵の高い靴を履くべきではありません。




あとは単純ですが

  • 歩かない、足指を使わない(あわない靴の影響)ことによる筋力不足
  • 関節の硬さ 

がよくある原因です。

 


前重心・内股になる原因は、癖です。

文化的な側面から、日本人女性にとくに顕著です。

 


慢性化すると、背骨の動きも悪くなり、なかなか自分で変えようと思っても難しくなっている場合があります。

外反拇趾への治療と再発予防

外反拇趾への治療
キネシオロジーという特別な検査で、脳・神経が活性化する調整を行ないます。


身体がしっかり働いて、体重を支えられる状態に戻します。

 

 

赤ちゃん動き.jpeg再発予防

操体法という、あなたが気持ちのよい動き(赤ちゃんのような)をすることで、姿勢や歩きの癖を身体に負担のかからないものに変えていくセルフケアをお伝えしていきます。




外反拇趾でお悩みだった方から、喜びの声が届いています。

患者様の写真集.jpg

 

kh様 腰痛・滑り症

腰痛・すべり症でお越しの方でしたが、重度の外反拇趾もおもちでした。インタビュー動画と書き起こしがありますので、ご覧下さい。当院の雰囲気が分かると思います。

外反拇趾だけがお悩みでこられる方は少なく、どこかに症状があって、外反拇趾もお持ちの方が少なくありません。

他にも喜びの声を多数頂いております


口コミサイト エキテンさんにも多数の口コミを頂いています。


外反拇趾で大阪で整体・カイロプラクティックをお探しのあなたへ

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック院長 杉本康紀

大阪整体フォーリーフカイロプラクティック

院長 杉本康紀です。


2011年開業。おかげさまでダンサー、プロスポーツ選手、医師・看護師さまからもご利用頂いております。


外反拇趾でお悩みのあなたにしっかりと向き合って対応させて頂きます。


完全予約制(新規様1日2名まで)


※当日のご予約が取れない場合がございます。予約制ですので、お早めにお電話ください。

※1人で施術していますので2人同時の施術はできません。


大阪市北区 

JR環状線天満駅・大阪市営地下鉄:天神橋筋六丁目・扇町・中崎町駅から徒歩5分    
10〜
21時 定休 火曜


お電話でのご予約 電話050-3786-9608

「ホームページを見て…」と電話して下さい。

お名前と希望の日時をお聞きして予約完了です。


WEBからの予約フォームはこちら

フォームでの予約は希望日の2日前までにお願いします。

(メールチェックが間に合わない場合があります)

お急ぎの場合は電話でおねがいします。

▲このページのトップに戻る